楽器可と明記されている賃貸には、2種類あります。その違いと演奏する時間帯の注意点を教えます。

楽器の種類から賃貸を選ぶ
Hot Topics
楽器の種類から賃貸を選ぶ

楽器可と明記されている賃貸の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的に賃貸物件では楽器の使用は禁止されています。ここでの楽器とはピアノだけでなく、バイオリン、ギター、フルート、トランペットなども含まれます。例外的に、子どものいるファミリー層対象の物件は電子ピアノだけは許可しているところが多いです。もちろん常識の範囲内で演奏する時間帯が決められています。楽器演奏可と明記されている物件は、2種類あります。防音設備を部屋ごとにほどこしてある特別な物件と、そうでない物件です。前者は、防音室が完備されているので、どの楽器を演奏してもかまいません。

気を付けなければいけないのは、通常の物件ではあるが常識の範囲内であれば、楽器を演奏してもよいとうたっている部屋です。こちらは普通に音が聞こえてしまうので、ピアノ程度なら良いがトランペットなどの大きな音がする楽器はダメなど制限があります。契約する際には、自分の弾きたい楽器の確認と演奏する時間帯の確認が必須です。また、きちんと防音設備のある部屋でも、演奏する時間帯には注意しなければいけません。朝早くや夜遅い時間帯、または休日の朝などは控えた方が無難です。低音が響くドラムやアンプをつけたギターなどは特に注意が必要です。人によって音の感じ方は違います。隣近所の迷惑になる行動は慎みましょう。

このページもチェック!

Copyright (C)2017楽器の種類から賃貸を選ぶ.All rights reserved.