楽器可とする賃貸物件で、どんな楽器を可としているのか知っておくことが暮らしのトラブルを防ぎます。

楽器の種類から賃貸を選ぶ
Hot Topics
楽器の種類から賃貸を選ぶ

楽器可とする場合の賃貸物件での楽器について

このエントリーをはてなブックマークに追加

音大の近くなどには、音大生の入居者を見込んだ楽器可という物件が数多くあると言います。近年は音大に入る学生が減ってきているのか、それとも賃貸物件全般に言える入居者不足からか、音大とは関係のない一般の人も楽器可物件に入居する、というケースがあるようです。音大生を対象にしているなら楽器を弾くことは十分考えられますから、趣味で楽器を弾くという人なら格好の物件と言ってよいでしょう。たいていは朝の何時から夜の何時まで弾いてよい、というのが決められていますから、その時間内に楽器を演奏する音が聞こえてきても、そこはお互いさま、と思う寛容な気持ちが必要です。

ただ、一日中マンションのあちこちから楽器の音が響いてくるのもどうか、という気がしますし、打楽器のように振動を伴う楽器を可としているのなら、これには注意が必要です。音はまだしも、振動が伝わってくるのはかなり不快に、あるいは不安に感じるからです。そこで、楽器可としている楽器の内容を、たとえばヘッドフォン使用ができるものに限定したピアノとか、音量に配慮できるものだったり、打楽器はダメとかいった具合に細かく制限しているところなら、楽器可物件でも快適に暮らせそうです。自分も趣味でそういう楽器を選んで弾けばいいのだし、トラブルも少なくて済みそうです。

このページもチェック!

Copyright (C)2017楽器の種類から賃貸を選ぶ.All rights reserved.