賃貸の楽器可能物件は使用する時間帯や使用したい楽器の種類とその物件の場所など総合的に考えて選択する必要。

楽器の種類から賃貸を選ぶ
Hot Topics
楽器の種類から賃貸を選ぶ

賃貸の楽器可能物件の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽器可能物件は音楽を仕事にしている方や趣味で音楽を楽しむ方やバンドを組んでいる方には非常に便利な物件です。楽器可能物件といいましても完全に音を遮音しているとは限らないです。むしろ音がもれるのは普通です。したがって夜中などは音を出していたら苦情を受けることとなりますのでやはり音をだせるのは昼間から夕方までとなります。つまり楽器可能物件といいましても時間制限は事実上あるのです。時間帯を指定して賃貸するなら問題ありませんが日単位や月単位または年単位で賃貸する場合はその点注意が必要となります。

楽器可能物件といいましてもオーケストラで使用するような弦楽器や管楽器は不可という場合があります。オーケストラなどの楽器を使用することを目的とされる方にはこの点確認が必要となります。やはり騒音というのは周囲には迷惑と感じられてしまうものなので音はどのくらい漏れているのかを実際に確認することが大切です。楽器可能物件でも無制限に音をだしていい訳ではないのです。楽器可能物件で注意すべき点は場所がどこにあるかです。遮音の性能だけでは決められないのです。人があまりいなく静かな場所にある物件ならば人口密集地帯より騒音をだしても問題がないからです。この点も考慮に物件を決める必要があります。

このページもチェック!

Copyright (C)2017楽器の種類から賃貸を選ぶ.All rights reserved.