楽器可としていても、賃貸物件の大きさいかんでは楽器の重さと大きさでアウトになるかもしれません。

楽器の種類から賃貸を選ぶ
Hot Topics
楽器の種類から賃貸を選ぶ

楽器可賃貸物件に持ち込める楽器は

このエントリーをはてなブックマークに追加

25歳から念願のピアノレッスンを始めた私は、2年間習い続け、ソナチネの手前まで行くことができました。その時点で先生の都合によりレッスンは終了となったため、独学でソナチネをやろうとしましたが、難しすぎて断念。ピアノレッスンに行かないと、どうしてもレッスンのための練習をしなくなりますので、上達もそこで止まってしまいます。けれど、ずっと弾きたいと思っていたピアノが弾けるようになっただけでもすごいと思っていますので、ピアノとは一生お付き合い願いたいものです。私のピアノはアップライトピアノではなく電子ピアノですので、非常にコンパクトで音の調節も可能です。

賃貸物件で楽器可となっていても、そこがマンションやアパートなら、楽器を持ちこめるかどうか、重さに対する強度は大丈夫かといったことが、注意点として挙げられると思います。特にピアノは重い楽器ですので、強度や大きさの面で無理となれば、可能な範囲内で選び、使えるものにする妥協も必要でしょう。そうなると、実際に部屋を見に行き、この物件ならこの程度まではいけるということを、自分の目で確認しておいた方がいいと思います。後になって、楽器可というから持ってきたのにといったことを避けられると思うのでした。

このページもチェック!

Copyright (C)2017楽器の種類から賃貸を選ぶ.All rights reserved.