楽器可の賃貸物件といえども、さほど防音能力が高くないことが多い。実際の物件で確かめるようにしたい。

楽器の種類から賃貸を選ぶ
Hot Topics
楽器の種類から賃貸を選ぶ

楽器可の賃貸物件の防音能力に関する注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽を演奏したいとおもっても、立てつけのあまりしっかりとしていない賃貸物件では音漏れが激しく、近隣の迷惑となってしまいます。楽器の演奏は通常の賃貸物件では、ほぼ断念せざる得ないことでしょう。しかし楽器可の賃貸物件もありますので、物件選びの段階で積極的に探すようにしたいものです。しかし楽器可の物件と称しているものであっても、その立てつけにはずいぶんと違いがあります。本格的な防音設備にすることは、賃貸物件ではほぼ不可能ですし、仮にできたとしても賃料は大幅に跳ね上がってしまいます。一度物件を確かめないことには、どの程度の防音設備になっているかはわからないのが現状です。

楽器可の賃貸物件はとても魅力的です。その多くは通常の賃貸物件よりも、壁を分厚くすることで防音能力を強化しています。反対にいうと、賃貸で期待できる防音性能はその程度で、あまり大きな音を出すと、やはり近隣とのトラブルになるとおもうべきでしょう。おそらく契約でも交わすことになるのでしょうが、夜間の演奏は静まり返った中になりますし、睡眠の妨げにもなります。トラブルの原因となりやすいので特に禁止されています。楽器可といいながらも、仕事や学業の合間となると、実際はあまり時間がないと感じるかもしれませんが、それでも賃貸物件に楽器を持ち込めるだけでもよしとおもうべきでしょう。

このページもチェック!

Copyright (C)2017楽器の種類から賃貸を選ぶ.All rights reserved.