気に入った楽器可の賃貸物件でも、情報提供主に細かいところまで確認し自分のニーズに合っているか考えましょう。

楽器の種類から賃貸を選ぶ
Hot Topics
楽器の種類から賃貸を選ぶ

楽器可の賃貸物件は、情報提供主に相談をしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件に楽器可のひとことだけで、思う存分、隣近所を気遣わずに楽器演奏ができると勘違いして、賃貸契約を結んでしまう人がいますが、引越し当日に楽器持ち込みを止められたり、入居後の演奏について苦情をもらうというようなトラブルになっている人も少なくありませんので、情報を見つけたら、その情報の詳細が、自分のニーズに合っているのか、情報提供主に尋ねる必要があります。私の親戚の場合は、ペット可物件で、その分少し家賃が高額になっていたのですが、賃貸契約を結びました。契約後の生活で、何もトラブル無く、快適な生活を送れていますが、それは、契約する前に、ペットについて仲介業者が詳しくこちらに聞いてから、貸し主に確認を取ってくれたからです。

楽器可物件でも、持ち込めない楽器や演奏時間の制限がありますし、ペット可物件でも室内犬は良いが、室外で飼う犬は入れられなかったり、台数や頭数の制限があったりもします。それらのことがあらかじめ解っていると、ニーズに合う物件探しの時に情報の取捨選択を間違えることはありません。情報提供主に世話になっている仲介業者にきちんと確認を取ってもらうことが大事です。信頼できる仲介業者を選び、どのような楽器なのかあるいはペットなのかを伝えることを忘れてはいけません。

このページもチェック!

Copyright (C)2017楽器の種類から賃貸を選ぶ.All rights reserved.