楽器可としている賃貸物件でも、音が聞こえてくればトラブルになるため、楽器を選ぶことが一番の注意点になります。

楽器の種類から賃貸を選ぶ
Hot Topics
楽器の種類から賃貸を選ぶ

楽器可賃貸物件での注意点は楽器を選ぶこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

借りた部屋での生活というのは、本来、何かと制約があるものだと思います。実際に賃貸物件に住んだことがないので、具体的なことはわかりませんが、隣近所と揉める原因になる一番は音でしょう。テレビやラジオ、CDやDVD、パソコンなどから漏れ聞こえる音は、どうも神経に触るようです。それを言うなら、練習途中の楽器の音も、かなり神経に触ると思います。聞こえてくるだけでもうるさいと思っている人に対して、練習途中のたどたどしい音を聞かせようものなら、イライラは頂点に達するのではないでしょうか。そのため、賃貸物件で楽器可としていても、その部屋で弾く楽器には注意が必要です。

ピアノは大人になっても練習次第で弾けますし、あこがれの楽器として、中高年になってから始める人が増えてきていますが、こうした人には電子ピアノが最適です。あるいはもっと手軽に、キーボードという手もあります。これらは音量が調節できるうえに、ヘッドフォンが使えますので、音が漏れ出る心配がありません。下手なうちは家族からも迷惑がられるので、ヘッドフォンを使うことを習慣づけることで、家族にも、そして周りの住人にも白い目で見られることなく楽器を楽しめる賃貸暮らしができると思うのでした。

このページもチェック!

Copyright (C)2017楽器の種類から賃貸を選ぶ.All rights reserved.